文章を読んでもらうことが前提

出会い系サイトは、メールのやり取りで成り立ってます。
つまり、文章を読んでもらうことが前提です。そこで、件名について考えていきましょう。
普段でも親しい人とのメールのやり取りで、件名をつけない人はいると思いますし、面倒な作業と思う方もいると思います。
男女の出会いを応援する【出会い系学園】では、件名は重要な意味を持つのです。件名は「見出し」を同じなのです。
コンビニで雑誌を見たとき手に取るか取らないかは、その雑誌の「見出し」で判断するでしょう。
気持ちを引きつけるような見出しなら読んでみようかと思うはずです。
件名も同じです。
一生懸命に良い内容のメールを書いているのですから、件名でインパクトのある内容や相手の気になっている内容を考えて付けてみましょう。
それには相手のプロフィールに書かれている興味のあるものや気になってるもの、好きなもの等を参考に考えると良いでしょう。
もちろんメール内容もそれにあったものにしていきます。
自分の興味や趣味、気になっているようなこと等と照らし合わせて、相手を見つけた時、件名で気持ちを引きつけて、自分の思いを載せたメール内容を読んでもらいましょう。
きっとメールも読んでもらえるし、自分もメールを書きやすくて成功する可能性が高いのではないでしょうか?

身に覚えのない請求には応じない

インターネット上に展開されている出会い系サイトといっても、運営費がサイトにはかかるもので、サイトとしても利益がないことには運営できないのが現状でしょう。
無料出会い系サイトをただ働きで開設し、世の男女に貢献してくれている善意の塊のような人が運営している訳ではないのです。
一言で無料の出会い系サイトといっても、会員として利用する際に一切お金が掛からなかったとしても、どこかからは利益が生じています。
例えば、広告やアフィリエイトを掲載させることで広告料がサイトには支払われます。

そしてなかには、無料の出会い系サイトは海外、特に香港に本社があるところも少なくありません。
そうしたサイトの場合、もしかすると、料金のメニュー欄には無料のような内容が書かれていても、利用規約を読んでみるとどこかに違約金の申し立てを行う旨の注意書きが書かれていることもあるので注意が必要です。
また、キャンペーン期間中につき無料というのにも注意が必要です。
キャンペーンが終了すれば前置きなしに料金が掛かって、利用した分だけの請求がなされるからです。

身に覚えのない請求には応じないという姿勢が大切です。
いくら威圧的に、郵送やメールなどで支払いを要求されても、それに応じれば詐欺に応じたことになってしまいます。
警察に届け出るのも一つです。
無料の出会い系サイトとはいえ、100%信用しきって利用するのではなく、無料ではないかもしれない可能性もあると危惧しながら利用することが、最終的には身を助けることもあります。

http://www.loves.ne.jp/
出会いのラブサーチ